対応事例の紹介

(1) 独英翻訳済み特許の和訳における付加サービス

 

英訳済みのドイツ語特許について、その英訳から和訳する場合、

誤訳などの疑問点が生じたときは、必ずオリジナルのドイツ語特許で確認します。

 

a) 化学的にありえない反応

 

英訳 (誤): .. rhodium chloride hydrate is converted with triphenylphosphine to ethanolic KOH.

和訳: 塩化ロジウム水和物をトリフェニルホスフィンを用いてエタノール性KOHに変換する。

 

明細書中に示された化学反応式を見ても、この表現が間違っていることは明らかです。

オリジナルのドイツ語特許明細書で確認すると、次のようになっていました。

 

オリジナルドイツ語: .. Rhodium-chlorid-Hydrat mit Triphenylphosphin in ethanolischer KOH umgesetzt wird.

正しい和訳: 塩化ロジウム水和物をトリフェニルホスフィンとエタノール性KOH中で反応させる。

 

前置詞 in の後は3格名詞ですが、これを4格名詞と誤認したと思われます。

in + 3格名詞は、場所・状況などを示し、in + 4格名詞は、方向・到達点などを示します。

b) 化合物名の誤訳

 

反応に用いる溶媒名の列挙で、次のような誤訳がありました。

他の誤訳も含めて修正を提案し、英訳の提出前に訂正することができました。

 

ドイツ語: ein Gemisch aus Butanolen (和訳: ブタノール類の混合物)

英訳 (誤) : a mixture of butanolene

英訳修正: a mixture of butanols

 

ドイツ語の Butanolen は、Butanol (ブタノール) の複数形 Butanole の3格です (前置詞 aus は3格支配)。

ここで複数形になっているのは、ブタノールには4種類の異性体があるためです。

 

ドイツ語の化合物名では、英語名の末尾 -e を除いた形になることがあるため (例: Pyridin / pyridine)、

Butanolen が複数3格であることに気づかず、末尾に -e を追加して英語名を作ったと思われます。